うつ病にかかった時の対処法

感情のコントロール

治療にかかる費用について

うつ病の疑いで病院を受診するとき、どれくらい費用がかかるのでしょうか。一般的に重度のうつ病でない場合、抗うつ薬の処方と定期的な外来受診となります。初診と薬費用で3割負担の場合は5000円程度、以後再診のたびに3000円程度というのが相場のようです。しかし抗うつ薬の内服だけでは済まない事もあります。たいていのうつ病の場合、不眠や気分の変調、食欲不振、胃痛、頭痛などを症状とすることがあります。これはうつ病の種類により変わってきますが、上記の場合ですと抗うつ薬とは別に対症療法の薬を出されます。 また幻覚妄想を伴ううつ病ですと、場合により入院も必要になってきます。入院の場合、治療内容にもよりますが、月10〜20万円ほどかかります。

うつ病の種類は性別、年齢、環境により様々

うつ病には様々なタイプがあります。症状の頻度や表れ方で種類が分類されており、治療方法も様々です。うつ病の種類は内因性、心因性、身体因性により発症原因が違います。このうち内因性では性格や責任感から、心因性ではライフイベントや精神的なショックを起因としますが、内因性と区別が難しいこともあります。身体性では体の病気に対する薬が原因で起こることがあるようです。また、高齢者や女性に特有のうつ病の種類もあります。老人性では体の衰えや喪失体験が重なることによりうつ病になりやすいといわれています。またストレス耐性も低くなっているため、環境の変化によりストレスをうまくコントロールできないことも原因にあげられます。女性の場合、産後や更年期、月経前に起こりやすいです。これはホルモンバランスの変化によりストレスを感じるためです。