うつ病にかかった時の対処法

種類に分類

あなたはうつ病の種類全てをご存じですか?心の病だと思われがちですが、その原因も実は異なるのなのです。

うつ病は種類が様々あります。詳しくはコチラへ。|うつ病サプリ

うつ病の種類を細かく見ていこう

うつ病や躁病を始めとした気分障害には、色々な種類に分類されます。 うつ病の分類には米国精神医学会が作成したDSM-5とWHOが作成したICD-10という基準があります。 ここではICD-10にそって説明していきます。 ICD-10はうつ病のエピソードだと診断します。 ここでは少し省略して、どのようなタイプがあるか説明します。 まずは、仮面うつ病という種類のものです。 主な症状といたしましては、軽い頭痛や目眩などがみられます。 次は否定型うつ病という種類のものです。 通常、うつ病が2週間以上持続するとそのままですが、こちらは楽しい出来事などのきっかけがございますと、一時的に気分がよくなります。 最後は、退行期うつ病という種類のものです。 老年期にさしかかると、社会的な立場や職場の環境などによって、発症するうつ病です。 うつ病の予防といたしましては、ストレスの回復が重要になってきます。

これらの症状を引き起こさないために

職場でのうつ病に対しての取り組み方を教えます。 まずは、管理者はまずしっかりとした症状への教育をしましょう。 最低限、これらはどういった症状のもので、治療法にはどういった方法があるのか、あと、これらの症状にかかったらどのように対処しればいいかです。 一番良い方法は産業医の方に講義をしてもらうことです。 なので、症状に詳しい人に教えてもらいましょう。 次に、家族のサポートが重要になってきます。 症状にかかっている本人が分かっていいない場合や、行きづらいなど、受診のきっかけにもなるからです。 メンタルヘルスは社員の方や、学生など、全ての方に共通して重要となってきます。 最後に従業員支援システムの導入です。 社内に産業医などの方がいれば良いのですが、ない場合は、外部のEAP機関を使いましょう。 あとは、カウンセリングなどを早めに受けることをおすすめします。

細かに決まっている種類わけ

私たちはうつ病と聞くと、活気がない、やる気が出ない、表情が暗いなどの言葉が浮かびます。しかし実はうつ病には様々な種類があることを知っていますか。分類方法には米国精神医学会が作成した基準DSM-5とWHOが分類した基準ICD-10があります。WHOの場合を例にあげると、うつ病と診断するまでに3つの症状をあげています。3つの症状に当てはまった場合は、次にうつ病の程度や幻覚妄想を伴うかによって軽症、中等症、重症、これらに適合しない症状といった種類に分けています。 またうつ病だと気づかれにくい種類も存在します。仮面型、非定型型、退行期型など、他にも種類はありますが、日常生活で起こりやすいものをあげてみました。

若者に急増する新型うつ病

現代の若者に急増しているのが新型うつ病と呼ばれるものです。これは従来のものと異なる点がいくつかあります。従来のものですと、1日と通してやる気がでない、躁と鬱を交互に繰り返すといった状態が上げられます。しかし現代の若者に多いのが、気分変調症と非定型うつ病と呼ばれるものです。仕事中にはやる気がでないが仕事以外だと元気、というものです。 従来型では自分を責めるといった行動が多いですが、新型の場合は環境や他人の責任にする傾向があります。そのため周囲の人も対応に困ることがあります。 また、従来型は不眠や食欲減退により痩せてしまう人も多いですが、新型では逆に過食や過眠気味になります。これらはストレスを食欲や睡眠で解消しようとするためです。

社会人になってからのうつ病

サラリーマンはストレスが抱える機会がとても多いといわれています。その原因は仕事上、家庭の問題など多岐にわたります。うつ病を発症する人、その自覚がない人、気づいていない人も多くみられます。 私は会社で社員のメンタルヘルスを担当しており、いろいろな種類のうつ病になった方たちを多く見てきました。そこで今回は社会人でうつ病になった方たちとその種類についてお話しさせていただきます。 社会人ではいろいろな種類のうつの症状の方を非常によく見かけます。 「うつ」の状態が出ていても、それがうつ病とは限りません。他の種類の病気かもしれません。 うつは一生のうちにかかる方は100人のうちに5人程度といわれています。 中高年の女性がかかりやすく、症状はうつ病の症状が続きます。 「双極性障害(躁鬱)」と呼ばれる症状は100人に一人がかかるといわれます。 20代前半の人に多くみられ、躁状態とうつ状態を繰り返します。 躁の状態では周りからも、本人もうつと思われないため受診が遅れてしまいます。

感情のコントロール

うつ病の状態になると感情のコントロールをすることが難しくなってしまいます。重度でない場合は抗うつ剤などで治療をしていきますが、人によっては入院が必要になる可能性もあります。

Read More

分類されている

うつ病は別名気分障害とも呼ばれており、大うつ病と双極性障害、気分変調性に分類されています。その他にも仮面うつ病や退行期うつ病などがあり、年代やその人の性格によって発症しやすいものが変わります。

Read More